/

龍角散、中国大手大衆薬メーカーと提携

龍角散(東京・千代田)は14日、中国の大手大衆薬メーカーの華潤三九(深圳市)と提携したと発表した。龍角散ののどあめなどを華潤三九が中国で販売する。龍角散ののどあめは中国の口コミサイトで「神薬」と紹介されるなど、訪日外国人の間でも人気が高い。中国国内での販売ルートを充実させて拡販を目指す。

華潤三九が持つ中国の薬局などの販路で、医薬品に分類される「龍角散ダイレクト」や食品に分類される「龍角散ののどすっきり飴」など4製品を販売する。龍角散は2017年に中国向けのインターネット販売サイトを整備しており、ネット経由に加えて薬局ルートでも販売する。

中国では今年1月に電子商取引(EC)法が施行され、個人ブローカーが大量に購入して転売する代理購入の取り締まりが強化された。龍角散は自社のネット通販サイトで個人向けに販売していたが、店舗での販売ルート拡大が課題だった。華潤三九は呼吸器向けの製品の強化を掲げており、両社の思惑が一致した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン