中国5県、賃上げ流れ強く 人手不足映す

2019/8/14 19:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国5県の地方最低賃金審議会による2019年度の最低賃金(時給)の答申が出そろった。引き上げ額は1時間当たり26~28円と、現在の方式となった02年度以降で各県とも最大(岡山は18年度の同額の最大)だった。人手不足は深刻さを増しており、企業は引き続き賃上げや生産性向上への投資などの対応に追われそうだ。

県別にみると、上昇幅が最も大きかったのは鳥取が3.67%(28円)上昇の790円で、島根が3.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]