/

この記事は会員限定です

栃木の自動車産業、「CASE」にらみ投資急ぐ

[有料会員限定]

栃木県の自動車産業で「CASE」と呼ばれるクルマの次世代技術の普及をにらんだ投資や開発が相次いでいる。自動ブレーキや電気自動車(EV)に対応する商材を増産するメーカーや、自動運転向けセンサーの試験装置を発売する企業が出てきた。日産自動車ホンダが拠点を置き自動車産業が盛んな栃木で、次世代を見すえた動きが今後も広がりそうだ。

「CASE」とはつながる車、自動運転、シェアリング、電動化の4つの潮流を表す。自動運転や電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン