/

この記事は会員限定です

カツオ一本釣りにAI活用 少ない漁獲でも採算

[有料会員限定]

水産会社の浅野水産(宮崎県日南市)はカツオ一本釣りでAI(人工知能)を活用した漁場選定システムの開発に乗り出した。2022年に実用化する計画。漁獲量の減少傾向が続くなか、AIによる効率化で小型漁船でも採算が取れるようにする。漁場までの効率的な操船、燃料コストの削減のほか、省人化も進める考えで、「水揚げ量は減っても利益は維持できる」(浅野龍昇経営企画マネージャー)とみている。

システムは過去約20年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン