2019年8月23日(金)

群馬県高崎市、農産物のアジア売り込み支援

北関東・信越
2019/8/14 18:55
保存
共有
印刷
その他

群馬県高崎市は果物など地元の農産物をシンガポールに売り込むのを支援する。輸出支援などの業務を日本企業に委託。同社が現地に拠点を設けて活動する。「将来はシンガポールを含むアジア全域に販路を広げたい」(富岡賢治市長)考え。

企業の海外進出支援などを手掛けるアンテナ(東京・台東)に業務を委託した。シンガポールにあったアンテナの関連会社の名称を「高崎トリニオン」に変更し、同社を拠点として高崎市の農産物のPR活動や商談などに取り組み始めた。

シンガポールの大手スーパーなどに売り込むには現地の拠点が窓口になったほうが有利だと判断した。高崎トリニオンには日本人のスタッフ2人が常駐。年間の業務委託費は約1700万円。

高崎市では市内で栽培が盛んなウメやナシ、モモ、プラム、チンゲンサイなどの販路開拓を期待している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。