中国経済、高まる下押し圧力 生産、10年半ぶりの低水準
小売売上高も伸び失速

米中衝突
貿易摩擦
中国・台湾
2019/8/14 18:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国経済の下押し圧力が高まってきた。14日発表の経済統計によると、2019年7月の工業生産はおよそ10年半ぶりの低水準に沈んだ。米国との貿易戦争で外資の生産が低迷した。個人消費も弱含む。習近平(シー・ジンピン)指導部は当面、減税の効果を見極める構えだが、経済が失速しそうになれば景気対策を追加するとみられる。

「国内経済の下押し圧力は高まり、経済が健全に発展する基盤が固まっていな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]