/

この記事は会員限定です

ホルムズ有志連合 各国法交錯 狭い海峡、運用難しく

国際法・ルールと日本

[有料会員限定]

トランプ米大統領の登場や中国の台頭、デジタル分野でのプラットフォーマーと国家の相克など、安全保障や経済貿易分野で国際法・ルールと日本の国内法が焦点となる時代になった。中東のホルムズ海峡を航行する船舶の安全確保に向けた有志連合を巡っても、各国法と国連憲章、海峡の位置づけなど課題は多い。

「自国の船舶は自ら防衛すべきだ」。有志連合が浮上したのはトランプ米大統領の発言がきっかけだ。日本は参加の是非を慎重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン