インテル、「盟友」マイクロソフトの背中遠く

2019/8/14 18:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米インテルのボブ・スワン最高経営責任者(CEO)が意識するのは「盟友」だった米マイクロソフトだ。パソコン全盛期に「ウィンテル」と呼ばれ、世界のIT(情報技術)産業をけん引した両社。スマートフォン時代に出遅れたところまでは同じだったが、その後の株式市場の評価は分かれた。

マイクロソフトの時価総額は1兆ドル(約110兆円)を超す。およそ5年前に「クラウドの会社になる」と掲げ、業務ソフトからサーバーま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]