ホルムズの航行安全、恩恵受けるのは誰?
 編集委員 松尾博文

ニュースこう読む
ビジネス
2019/8/16 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国とイランの対立に端を発するペルシャ湾の緊張は、中東に原油を頼るアジアの弱点を浮き彫りにした。アジアの国々はホルムズ海峡の航行安全をめぐる議論から目をそらすことができない。「自分の船は自分で守る」流れが、結果として中国の影響力拡大を招くことになりかねないからだ。

米国がイラン原油の輸入禁止措置を発動した2019年5月以降、アジアの消費国はどこに代替の調達先を求めたのか。追いかけると、興味深い数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]