/

自民稲田氏ら中国訪問へ 女性政治家の交流呼び掛け

自民党の稲田朋美総裁特別補佐ら女性議員6人が26~31日の日程で、中国とネパールの訪問を計画している。女性活躍推進に向けた日本の取り組みを紹介し、女性政治家同士の国際交流を呼び掛ける意向だ。

他に参加するのは森雅子元少子化対策担当相らで、稲田氏が共同代表を務める党議員連盟「女性議員飛躍の会」メンバー。中国で電子商取引最大手アリババグループが主催する世界女性起業家の会議に出席、稲田氏が政治分野の女性参画をテーマに講演する予定だ。

中国共産党の対外交流部門、中央対外連絡部の幹部との会談も調整している。ネパールでは女性のビドヤ・デビ・バンダリ大統領と面会する。

稲田氏は「海外のノウハウも吸収し、女性政策に反映させたい」と意気込んでいる。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン