絆刻むW杯会場、交流の種芽吹く 岩手・釜石
被災地新風景(4)

コラム(地域)
2019/8/15 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岩手県釜石市の鵜住居地区は東日本大震災発生時、小中学校の生徒ら約570人が迅速に高台避難し、1人の犠牲者も出なかった「釜石の奇跡」で知られる。津波で全壊した小中学校の跡地に建設された「釜石鵜住居復興スタジアム」に7月上旬、約1万人分の席が仮設され、ラグビーワールドカップ(W杯)仕様に「変身」した。

常設分を含めると座席数は約1万6000に。7月下旬、W杯の全国12会場で唯一新設されたこのスタジア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]