三井海洋開発 インフラ事業、債券で1100億円調達

自動車・機械
2019/8/14 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井海洋開発はブラジルで手掛ける大型の洋上石油天然ガスプラント事業で債券発行を通じて約1100億円を調達した。インフラ事業の資金を調達するために発行する債券「プロジェクトボンド」をシンガポール証券取引所に12日付で上場した。国際的な金融規制を控え銀行が事業融資(プロジェクトファイナンス)を縮小する見込みで、発電事業などにも使われてきた手法が石油関連にも広がってきた。

プラントはブラジル沖で稼働す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]