キシリトールでTシャツひんやり 丸仁の冷感プリント技術
北陸サマーテック(3)

2019/8/15 6:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

酷暑のなか、Tシャツやユニホームのロゴやスポンサーマークがプリントされた部分には通気性がなく、熱がこもりやすい。そこで、あえて首元や胸元のプリント部分から熱を逃がし、ひんやりと感じさせるのが丸仁(福井市)の冷感プリント技術だ。2015年からはバドミントン日本代表のユニホームなどにも採用されている。

ひんやりするのはインクにキシリトールが配合されているからだ。キシリトールには水分が付着すると熱を吸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]