2019年9月22日(日)

長野県内企業のメインバンク、八十二銀シェアが5割超

2019/8/14 18:32
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチが実施した長野県内に本社を置く企業のメインバンク調査によると、首位の八十二銀行のシェアは56%だった。県内2万5746社のうち、1万4293社が八十二銀をメインバンクとしていた。2位の長野銀行は8%、3位の長野信用金庫(長野市)が7%だった。上位10の金融機関はすべて県内の地域金融機関だった。

調査は3月末時点。メインバンクが複数の場合は、借入金が多い金融機関をメインバンクとして集計した。

シェアの増減で見ると、八十二銀は前年比0.01ポイント、長野銀は0.07ポイント上昇した。一方、長野信金は0.03ポイント、上田信用金庫(上田市)は0.02ポイント低下した。

東京商工リサーチは「マイナス金利の長期化で、長野県内の金融機関は貸し出しによる収益化が難しくなっており、信用金庫などを含め、再編が進む可能性がある」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。