/

この記事は会員限定です

埼玉県立川の博物館 大水車を一新、再び日本一に

ぐるっと首都圏

[有料会員限定]

「かわはく」の呼び名で知られる埼玉県立川の博物館(同県寄居町)。荒川をテーマに、河川や水と人間の暮らしの関わりを学べる体験型の博物館だ。この夏は施設のシンボル的存在である巨大な水車が新しくなり、話題を集めている。

以前の水車(直径23メートル)は1997年の開館時に建てられ、2004年に岐阜県恵那市に直径24メートルの水車が誕生するまで日本一の大きさだった。老朽化で15年に停止し、今年2月に解体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り707文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン