創業・発祥の地(3)日鉄、近代製鉄の礎 出光は潤滑油

日経産業新聞
2019/8/17 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本製鉄、釜石と八幡に原点

2019年4月に新日鉄住金から社名変更した日本製鉄。その歴史と背景をひもとくには、日本の近代製鉄業の誕生までさかのぼることになる。

日本の近代的な鉄づくりの原点となった地は岩手県釜石市だ。近代製鉄の父・大島高任氏が釜石市で建設した鉄鉱石とコークスと原料とした洋式高炉が始まり。この「橋野高炉跡」は2015年に世界遺産に登録された。釜石市にある「鉄の博物館」には復元された…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]