2019年8月19日(月)

災害住宅入居で近所付き合い 熊本、孤立防止へ交流会

社会
2019/8/14 13:12
保存
共有
印刷
その他

熊本地震で仮設住宅団地を離れる人が相次ぐ中、孤立防止の取り組みが進んでいる。熊本市は災害公営住宅の入居前後に地元住民との交流会を開き、ご近所付き合いのきっかけづくりを目指す。

熊本市中央区で開かれた災害公営住宅「大江第二団地」の交流会(10日)=共同

7月に入居が始まった熊本市中央区の災害公営住宅「大江第二団地」の近くにある公的施設では8月10日、交流会が開かれた。参加したのは入居者11人のほか、自治会役員や市職員ら約20人。

4つのグループに分かれ約2時間、メンバー同士の共通点を見つけたり珍しい特技を紹介し合ったりし、その後他のグループに披露した。当初は緊張していた参加者も冗談を言い、次第に和やかな雰囲気になった。

1人暮らしの熊田茂子さん(76)は地震前に住んでいた南区の借家が大きく損壊し、みなし仮設での生活を経て、この団地に入居。「誰も知り合いがいないので、地域の雰囲気が知りたくて来た」と楽しんでいた。

市中央区まちづくりセンターの梶原勢矢所長は「入居者が地元住民と知り合いになり、地域にスムーズになじめれば」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。