/

この記事は会員限定です

戦禍の記憶、漫画・アートで伝承 若い世代共感

兵士をほのぼのタッチで プロペラなど原寸大模型

[有料会員限定]

先の大戦を漫画や現代アートの力で伝えようとする動きが広がっている。取材や戦中世代への聞き取りで得たイメージをもとに、「戦争の記憶」を再構成。生々しさより、受け入れやすさを重視した表現が若い世代などに共感を呼ぶ。戦後生まれが人口の大半を占めるなか、戦禍の記憶を受け継ぐ手段として注目される。

主人公は気弱で3頭身の1等兵――。兵士の視点から描いた戦争漫画「ペリリュー 楽園のゲルニカ」が幅広い年齢層の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン