高校野球

15日の甲子園大会は順延 高校野球、台風接近で

2019/8/14 11:10
保存
共有
印刷
その他

第101回全国高校野球選手権大会の大会本部は14日、台風10号の接近で悪天候が予想されるため、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われる予定だった15日の試合を中止し、16日に順延すると発表した。選手や観客の安全面や応援団の移動などを考慮して、試合前日の14日に判断した。15日は3回戦の4試合が予定されていた。

15日は警報発令の可能性が高いため、甲子園球場での練習も行われない。

日程は1日ずつずれ込むことになり、16日以降の試合が順調に消化されれば、決勝は22日に行われる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で …続き (3日 19:17)

プロ野球志望表明の記者会見で笑顔を見せる大船渡高の佐々木朗希投手(2日午後、岩手県大船渡市)=共同

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思 …続き (2日 20:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]