安保理カシミール会合要請 パキスタン

南西ア・オセアニア
2019/8/14 10:07
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】パキスタン政府は13日、インドが北部ジャム・カシミール州の自治権剥奪を決めたことを受け、国連安全保障理事会に会合の開催を要請した。安保理メンバー国は開催の是非について協議を始めた。安保理外交筋が明らかにした。

パキスタンとの国境付近を警戒するインドの警備要員=AP

ロイター通信によると、要請文でパキスタンのクレシ外相は「インドは、われわれの自制心を弱さと勘違いすべきでない。インドが再び武力に訴える選択をしたら、パキスタンは応じざるを得ない」と主張した。

インド上下両院は6日までに、ジャム・カシミール州に大幅な自治を認めている憲法規定の改正を可決。インド政府は9日、同州を10月末から連邦政府直轄地とすると発表した。同州はインドで唯一イスラム教徒が多数派の州。1947年の分離独立以来、インドはイスラム教国のパキスタンと領有権を争ってきた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]