/

この記事は会員限定です

米、対中関税先送り 市場関係者に聞く

[有料会員限定]

米通商代表部(USTR)が13日、中国製品に対する制裁関税「第4弾」について一部品目の発動を12月に先送りすると発表したことを受け、同日の米ダウ工業株30種平均は前日比372ドル(1.43%)上昇し、円相場も1ドル=106円台後半まで円安・ドル高が進んだ。関税先送りの受け止め方と今後の見通しについて、日本の市場関係者に聞いた。

【日本株】

株、買い戻しで大幅高 下方修正への警戒くすぶる

高橋和宏・大和証券株式上席ストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン