2019年8月21日(水)

迫る超大型台風、警戒広がる 気象庁「早めの避難を」

2019/8/13 20:02 (2019/8/13 21:16更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

超大型の台風10号が14日から15日にかけて西日本に接近、上陸する可能性が高まっている。広い範囲で大雨や暴風が予想されており、お盆休み後半のUターンラッシュを直撃する恐れが強い。高速道路の通行止めや新幹線の運休も想定され、既に宿泊施設のキャンセルや花火大会の中止などの影響が広がっている。

気象庁は13日午後、臨時の記者会見を開き、黒良龍太主任予報官は「自分の命、大切な人の命を守るため、早め早めの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。