阿波おどり、14日は中止 台風10号接近で16年ぶり

2019/8/13 18:47
保存
共有
印刷
その他

徳島市の阿波おどりを主催する実行委員会は13日、台風10号の接近に伴い14日に開催を予定していた演舞場での演目全ての中止を決定した。すでに前売りチケットを購入した人への払い戻し方法については14日午前中に実行委の公式ホームページなどで告知する。阿波おどりの中止は2003年以来、16年ぶり。

演舞を披露する踊り手(12日、徳島市)

演舞を披露する踊り手(12日、徳島市)

実行委では「台風10号の影響により安全確保が困難」(事務局)と判断した。中止するのは有料・無料演舞場での踊り込みのほか、市内ホールで実施を予定していた選抜阿波おどりの全公演。最終日15日の開催については、台風の進路などを見極めた上で、14日中に判断する見通しだ。今年から運営を委託された民間共同事業体の前田三郎総責任者は「安全・安心な祭りとすることを優先する」との方針を打ち出していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]