ビッグデータ活用するJリーグ 新しいファン層を発見

コラム(テクノロジー)
2019/8/29 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「観戦数が3回を超えるとファンとして定着する」「川崎フロンターレ会員は競技場の北西部に多い」。Jリーグがビッグデータ分析を駆使してデジタルマーケティングの高度化を進めている。2014年に始まったデジタル活用の今とこれからをデジタル施策などを統括するJリーグデジタル社長の出井宏明氏が「日経クロストレンドFORUM2019」に登壇して語った。

Jリーグがデジタル化に着手したのは2014年。公式サイト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]