金融市場、政情不安に敏感 アルゼンチン通貨が急落

2019/8/13 22:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の金融市場が政治リスクに敏感になっている。アルゼンチンでは大統領選の予備選挙の結果を受け、通貨ペソや株価が急落した。イタリアでは連立政権内で意見が対立し、香港でもデモが長期化し、実体経済への影響が懸念される。市場参加者がリスク回避を強め、世界的に株式相場が不安定になる中、円や国債など安全資産の人気は高まっている。

政治リスクとして急浮上したのはアルゼンチンだ。11日実施の大統領選の予備選で左…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]