北海道・三笠の高校生レストラン、廃鉱の町に新風
拓け!食の未来(1)

2019/8/13 18:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

札幌から旭川方面へと車で1時間、一度は閉校に追い込まれながら復活し、今や道内屈指の人気を誇る高校がある。市立の北海道三笠高校(三笠市)を一躍、有名にしたのが「高校生レストラン」だ。映画のようなサクセスストーリーで活気をなくしていたかつての炭鉱の町に新風を吹き込んでいる。

三笠高の生徒が運営する「まごころきっちん」に一歩入ると「いらっしゃいませ!」と、厨房の奥からも元気の良い声が響く。11時の開店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]