2019年8月21日(水)

奈良の神社巡り、定額タクシーで楽々 県南部4神社周遊

サービス・食品
関西
2019/8/13 18:38
保存
共有
印刷
その他

奈良県内でバス事業を展開する奈良交通グループの奈良近鉄タクシー(奈良市)は県南部の丹生川上神社の上、中、下社など4神社をめぐる定額タクシーの運行を始めた。路線バスが撤退したり便数が少なかったりするエリアで、走行距離は100キロ前後。観光に関する知識が豊富なドライバーが案内する。

後醍醐天皇がまつられている吉野神宮(奈良県吉野町)

後醍醐天皇がまつられている吉野神宮(奈良県吉野町)

4社は吉野神宮(吉野町)、丹生川上神社の上社(川上村)、中社(東吉野村)、下社(下市町)。いずれも社格が高いとされた旧官幣大社。古来雨乞いや雨止めが祈願された丹生川上神社は上、中、下社それぞれが山深い場所にあり、パワースポットとして注目される。吉野神宮も南朝の旧跡として崇敬を集める。

6~7時間掛けて4社を回り、走行距離は95~130キロ程度。料金は小型(4人まで)で2万円前後と通常の時間貸しより3割程度安い。観光に関する社内資格やご当地検定の資格を持つドライバーを中心に乗務にあたる。神社側も古印などを押印する和紙の「スタンプラリー」を特典として用意した。要予約。

県南部は人口が減少し、路線バスが撤退してコミュニティーバスとなったり1日数便しかなかったりするため、神社へのアクセスも困難だ。2年ほど前からそれぞれの神社にタクシーで参拝する人が目立ち、レンタカーの旅行客らからも「どのルートなら全部回れるのか」といった質問を受けることが多くなったことから、4社側から奈良近鉄タクシーの営業所に持ちかけて実現した。

定額タクシーの運行に向けて関係者が祈祷(きとう)した(奈良県吉野町の吉野神宮)

定額タクシーの運行に向けて関係者が祈祷(きとう)した(奈良県吉野町の吉野神宮)

定額タクシーは空港送迎や観光客が多い場所で設定する例が一般的で、神社と合同で企画するのは珍しいといえそうだ。近鉄下市口駅と榛原駅を起点とした4ルートで「観光ルート別運賃」が認可された。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。