10/22 15:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月21日 145.752 -0.074

[PR]

商品ニュース

東京原油先物が反発 産油国に供給抑制の観測

2019/8/13 18:12
保存
共有
印刷
その他

東京商品取引所の原油先物が反発した。13日の清算値(期先)は1キロリットル3万5620円と前週末比420円(1%)上昇した。サウジアラビアなど中東産油国が価格を下支えするため供給を削減するとの観測が広がった。ただ世界経済減速で需要が鈍るとの懸念は根強く、午後の取引では軟調に推移した。

サウジアラビアが石油輸出国機構(OPEC)加盟国に減産強化を呼びかけていると伝わった。国際エネルギー機関(IEA)が前週末に発表した7月の生産状況でOPECの減産対象国が目標より3割多い量を減産していたことも、需給引き締まりを意識させた。

ただ「産油国が今より減産幅を拡大するのは難しく、石油需要にも下押し圧力が強い」(楽天証券の吉田哲コモディティアナリスト)。価格上昇は一時的との見方も聞かれた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム