大統領の金融介入を擁護「意見表明は普通」 トルコ投資機関総裁

中東・アフリカ
2019/8/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トルコ大統領府投資局のアルダ・エルムット総裁はこのほど日本経済新聞の取材に応じた。エルドアン大統領による金融政策への介入について、「金融政策は政治的な結果に直接影響する。大統領の意見表明は普通のことだ」と述べ、大統領を擁護した。

トルコでは昨夏、米国との対立から通貨危機が起きた。中央銀行は通貨防衛のために大幅な利上げを実施したが、銀行融資が減るなどして景気が後退した。イスタンブールなど大都市の市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]