ふるさと納税と地方財政(5) 税収減も最後は国が補填
近畿大学准教授 鈴木善充

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/8/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年度のふるさと納税受け入れ額トップだった大阪府泉佐野市は、約135億円の寄付を受け取っています。これは17年度の泉佐野市の市税収入額の6割強に相当する規模です。一方で、税収の減少が大きな自治体である横浜市などでは、ふるさと納税に伴い数十億円規模の減少となっています。

都市部のほうがふるさと納税による税収減が多いというイメージがあるかもしれません。しかし、必ずしもそうとは限りません。15年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]