ダイキン、船舶用空調でも攻勢 独自冷媒で環境規制に対応

2019/8/14 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空調世界一を目指すダイキン工業が船舶用の空調システムでも攻勢に出る。舶用空調の環境規制強化を見越し、温暖化への影響が小さい独自冷媒を前面に押し出す。陸上で多く使う冷媒を配合し、米デュポンなどと比べコストも抑制。エンジンの振動や船体の揺れ、塩害などに耐えられる空調機器と組み合わせ、海外勢に対抗する。

淀川製作所(大阪府摂津市)で作る冷媒「R407H」の国内外での採用拡大を目指す。温暖化への影響を示…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]