最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

業績ニュース

WSCOPE、今期最終赤字に下方修正 米中摩擦で需要急減

企業決算
2019/8/13 20:30
保存
共有
印刷
その他

リチウムイオン電池向けのセパレーター(絶縁材)を手掛けるダブル・スコープは13日、2019年12月期の連結最終損益が30億円の赤字(前期は28億円の赤字)になりそうだと発表した。従来予想(3億円の黒字)から一転し、大幅な赤字が継続する。米中貿易摩擦により、中国から米国に輸出する製品の需要が急減した影響を受けた。

売上高は前期比49%増の130億円、営業損益は26億円の赤字(前期は33億円の赤字)に修正した。それぞれ45億円、34億円下振れした。

セパレーターの販売は日本や韓国向けでは伸びており、増収は確保する。製品別でも電気自動車(EV)向けの引き合いが強い。ただし同社の売り上げの2割前後を占める中国向けが6月から急減しているため、計画を見直した。EV向けの先行投資による研究開発費などが膨らむ影響も織り込んだ。

同日発表した19年1~6月期の連結決算は売上高が前年同期比37%増の57億円、最終損益は24億円の赤字(前年同期は5億2千万円の赤字)だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム