高知の田舎寿司の振興団体、認定制度で提供店拡大へ

サービス・食品
中国・四国
2019/8/13 17:27
保存
共有
印刷
その他

野菜や山菜をネタに使う「田舎寿司(ずし)」をはじめとする高知独自の寿司文化を官民で発信する「土佐寿司を盛り上げる会」は13日に開いた2019年度第1回総会で、同会による田舎寿司の認定店制度を取り入れることを決めた。提供する飲食店の拡大が狙い。9月から公募し、認定店の逸品を11月、高知市内で開かれる食のイベントで披露する。

山菜や野菜をネタにする田舎寿司

山菜や野菜をネタにする田舎寿司

認定店は高知県内の飲食店を対象にする。高知県のホームページなどを通じて公募し、書類と実技審査を実施し一定の水準を保つ。認定店数は未定。認定されると県からパンフレットなどPR資材が提供される。

盛り上げる会は11月9~10日、高知市内で開催される食のイベント「土佐の豊穣(ほうじょう)祭」にブースを設ける。そこで認定店の田舎寿司を来場者に振る舞う。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]