/

オイシックスの4~6月、純利益50%減 買収に伴う特殊要因で

オイシックス・ラ・大地が13日発表した2019年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比50%減の2億7000万円だった。前年同期は18年2月に買収し、連結子会社としていた野菜宅配大手、らでぃっしゅぼーやの4カ月間の損益を含んでいた影響が出た。買収に関連して前年同期の税金費用が少なかった反動もあり、減益幅が大きくなった。

売上高は3%減の162億円。営業利益は11%減の5億4300万円だった。買収に伴う特殊要因が業績を押し下げた。

らでぃっしゅぼーやの18年3月(単月)を除外した3カ月間の業績と比較すると、売上高は7%増、営業利益は1%増だった。

20年3月期通期の業績予想は据え置いた。純利益が前期比58%減の10億円、売上高は9%増の700億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン