都市と地方 「複業」で人材シェア 森本宏一氏
パソナJOB HUB社長

2019/8/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今、地方では新たな地域作りの担い手として「関係人口」と呼ばれる地域外の人材の活躍が期待されている。副業解禁の広がりで都市部に集中する人材のスキルを、地方とシェアすることができるようになってきた。副業によって地方の仕事に携わってもらうことで関係人口を増やし、地域の活性化につなげることも可能だ。

日本の労働力人口は減少傾向にあり、現状の約6500万人から2050年には約4600万人になると試算される…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]