/

横浜市とTikTok連携協定 ダンスで医療に関心を

横浜市はダンス動画などを投稿するアプリ「TikTok(ティックトック)」を運営するバイトダンス(東京・新宿)と、市民らの医療に対する興味・関心をダンスを通じて高めてもらうことを目指す連携協定を結んだ。今後、同アプリを楽しみながら、医療の話題に接してもらうしかけ作りを検討していく。

医療に対する興味・関心をダンスを通じて高めてもらう(横浜市役所)

第1弾として、乳がんのセルフチェックや早期受診など若年層から理解しておくべき医療情報をダンスを通じて知ってもらう。今後、オリジナルの楽曲やダンスなどを制作するほか、有名なティックトッカーとの連携などを考えているという。

同社が自治体と連携協定を結ぶのは、全国で初めてという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン