/

この記事は会員限定です

「会社は公器」 パナソニック、取締役から松下家不在に

[有料会員限定]

パナソニックの松下正幸特別顧問は日本経済新聞の取材で「創業家と会社のあり方は百社百様」との考えを述べた。自身の長男を含めて、必ずしも創業家がパナソニックの経営陣に入る必要はないとの見方を示した。正幸氏は創業者の松下幸之助氏の孫。6月に取締役から退き、同社としては初めて役員に創業家がいない状態になった。主なやりとりは次のとおり。

――役員から松下家がいなくなりました。

「世間的に注目されるが別に松...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン