「絶対音感」の脳活動、言語処理に近く 新潟大研究で

2019/8/13 16:34
保存
共有
印刷
その他

新潟大学の研究グループは「絶対音感」を持つ人が音を聞く時の脳の活動が言語処理に近いことを突き止めた。「ド」の音を聞く時の脳の活動が、単なる音ではなく言語として区別ができる音を聞く時に似ていたという。

絶対音感とは、聞いた音を別の音と比較しなくても「ドレミ」などの音名で言い当てられる能力だ。

音楽経験者で絶対音感がある人とない人、音楽が未経験の人が約20人ずつ3グループに分かれてドの音を聞いた。「…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]