2019年9月19日(木)

吉野家、860円のすきやき重 サーロイン使い数量限定

2019/8/13 13:47
保存
共有
印刷
その他

吉野家は13日、サーロインを使った「特選 すきやき重」の販売を始めると発表した。14日から数量限定で販売する。価格は860円と同社の牛肉を使った商品としては最高額の商品となる。サーロイン120グラムを牛丼に使うタレで煮て、ご飯と一緒にすき焼きタレを絡める。吉野家の伊東正明常務は「最高級の牛肉を全国で味わってほしい」と話した。

コメの量は牛丼の並盛と同じで、肉の量は大盛以上のボリュームとなる。卵とみそ汁、お漬物をセットで提供する。北米産のサーロインを調達し、約50万食の数量限定となる。

スライスされた牛肉をかむと肉汁とタレの味がしみ出す。牛のサーロインは背中の中央あたりの肉で、柔らかさが特徴の高級部位。吉野家としては初の取り扱いとなる。商品開発は0.1ミリメートル単位でスライスの厚さを見直し、1年以上の期間をかけたという。

吉野家は牛肉を軸にしたメニュー施策を強化している。「牛丼超特盛」(780円)や「ライザップ牛サラダ」(540円)などの新商品が奏功し、客単価が上昇。吉野家ホールディングス(HD)の19年3~5月期の連結営業損益は10億円の黒字に転じた。

すきやき重はボリューム、健康に続くプチ豪華需要を取り込む新商品だ。10月の消費増税を控える中で、財布のひもを緩めさせられるかどうか。今年120周年を迎えた老舗の底力が試されそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。