/

この記事は会員限定です

首相「お国入り」は弔問行脚(写真でみる永田町)

[有料会員限定]

安倍晋三首相は毎年、盆と正月に地元の山口県を訪れています。盆のお国入りは初盆を迎えた支援者宅を弔問するのが慣例です。細いたんぼ道も警備車両が連なった車列で通り、一軒一軒を巡ります。今年は初日の12日に7軒、2日目に10軒回りました。

支援者らは首相の父・晋太郎元外相の現役時代から後援会で活動してきた人が大半のようです。首相にとってはその家族も含め、強固な地盤を維持してくれている貴重な存在です。支援...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り301文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン