2019年9月17日(火)

香港、300便以上欠航へ 抗議活動の収束見通せず

2019/8/13 10:52 (2019/8/13 11:40更新)
保存
共有
印刷
その他

13日、多くの欠航便を知らせる香港国際空港の案内表示=ロイター

13日、多くの欠航便を知らせる香港国際空港の案内表示=ロイター

【香港=木原雄士】香港国際空港は13日朝、通常の業務を再開した。12日夕から「逃亡犯条例」改正案に絡む抗議活動の影響で全便を欠航にしていた。ただ、機材繰りなどの関係で13日も香港を発着する300便以上が欠航する見通しで、混乱が続いている。警察の厳しい取り締まりに市民の反発が強まっており、抗議活動の収束は見通せない。

【関連記事】香港デモ「テロの兆し」 中国政府が非難

香港の航空当局は12日午後、香港国際空港を同日中に発着する航空便をすべて欠航にすると発表した。空港に数千人の若者らが座り込み、円滑な業務の運営に支障をきたすと判断した。香港メディアによると240便以上が欠航した。

航空当局は13日も航空便の変更があるとして、利用客に航空会社の情報を確認するよう呼びかけている。日本発着の香港便は13日に少なくとも18便が欠航した。キャセイパシフィック航空や格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションなどが欠航した。

13日、香港国際空港で列を作る乗客=ロイター

13日、香港国際空港で列を作る乗客=ロイター

空港での抗議活動は当初9~11日の予定だった。香港警察が11日に各地で行われた抗議活動に絡んで地下鉄の駅構内で催涙弾を使ったほか、至近距離から女性の目に布袋弾を命中させたとの話が広がり、市民の反発が拡大。学生ら数千人が急きょ空港に集まり、警察が過剰な暴力をふるっていると訴えた。

10~11日の抗議活動ではデモ隊が移動を繰り返しながら警察官にレーザー光線をあてたり、路上で火をつけたりした。デモ隊そっくりの格好をした警察官が突然、デモ参加者を逮捕し始めるなど混乱も起きた。香港警察は12日、一連の抗議活動の逮捕者が700人を超えたと発表した。

香港政府トップの林鄭月娥・行政長官は13日午前の記者会見で「自由や正義の名のもとに多くの違法行為が行われている」と述べ、過激な抗議活動を批判した。

香港国際空港はアジア有数のハブ空港だ。5日には管制官や航空会社職員のストライキによって240便以上が欠航になった。抗議活動が長引き、観光やビジネスへの影響が広がっている。

12日、香港国際空港で「目を撃つのをやめて」と書かれたボードを掲げる女性=ロイター

12日、香港国際空港で「目を撃つのをやめて」と書かれたボードを掲げる女性=ロイター

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。