2019年8月23日(金)

首相「憲法改正、議論進めるとき」 父・晋太郎氏の墓前で

政治
2019/8/13 10:00
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は13日午前、昭恵夫人とともに山口県長門市で父・晋太郎元外相の墓参りをした。憲法改正について記者団に「自民党立党以来の最大の課題だ。国会で憲法の議論をいよいよ本格的に進めていくべきときを迎えていることを報告した」と述べた。

父・晋太郎元外相の墓前に手を合わせる安倍首相(13日、山口県長門市)

7月の参院選に触れ「令和の時代を迎え、その幕開けの国政選挙で勝利を収めることができたことを報告した」とも語った。「国民の負託に力強く応えていかなければならないという思いを新たにした」と強調した。

首相は12日には同県田布施町で、実弟の岸信夫氏とともに祖父・岸信介元首相の墓も3年ぶりに訪れ、墓前に手を合わせた。岸元首相は自主憲法の制定を訴えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。