/

この記事は会員限定です

「社長が言っているから」は禁句 ヤマハの掟

ガバナンス最前線(1)

(更新) [有料会員限定]

企業がふらつかずに前進できるよう、推進力にもブレーキにもなる組織づくりはコーポレートガバナンス(企業統治)と呼ばれる。ここ5年ほどで改革が進み、形だけでなくどう魂を入れるかの段階になってきた。最前線を走る企業や人材を追った。

「別に『決めない取締役会』があってもいいではないか」。2015年のこと。ヤマハの山畑聡(58、現常務執行役)はガバナンス改革の軸になる「ガバナンス委員会」の委員長として、大きな変革を達成するために取締役会を巻き込もうとしていた。打ち出した秘策が「決めな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ガバナンス最前線

企業がふらつかずに前進できるよう、推進力にもブレーキにもなる組織づくりはコーポレートガバナンス(企業統治)と呼ばれる。ここ5年ほどで改革が進み、形だけでなくどう魂を入れるかの段階になってきた。最前線を走る企業や人材を追った。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン