2019年8月20日(火)

台風10号、総雨量1千ミリ超も 15日にも西日本上陸へ

2019/8/13 5:47 (2019/8/14 1:14更新)
保存
共有
印刷
その他

黄円は風速 15m/s 以上の強風域、赤円は 25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

黄円は風速 15m/s 以上の強風域、赤円は 25m/s 以上の暴風域。白の点線は台風の中心が到達すると予想される範囲。薄い赤のエリアは暴風警戒域

超大型の台風10号は13日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。14~15日にかけて西日本に接近・上陸する恐れがあり、降り始めからの総雨量は多いところで1千ミリを超える見通し。気象庁は大雨による土砂災害や河川の氾濫、暴風などに厳重な警戒を求めている。

【関連記事】
山陽新幹線運転、15日見合わせも JR西日本
阿波おどり、14日は中止 台風10号接近で16年ぶり

気象庁によると、台風10号は14日午前0時現在、種子島の南東約380キロの海上を時速約15キロで北西へ進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル。中心から半径280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

台風10号は発達しながら北上し、15日には強い勢力を維持したまま四国や九州に上陸して西日本を縦断する見込み。その後、速度を速めながら日本海に達した後、17日にかけて北日本に接近するとみられる。

台風の影響で紀伊半島から四国の太平洋側を中心に激しい雨が降り、瀬戸内地方など普段は比較的雨が少ない地方でも大雨となる可能性がある。

15日午後6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで、四国800~1千ミリ、東海と近畿400~600ミリ、九州北部300~400ミリ、中国と九州南部200~300ミリ、関東甲信100~150ミリ、伊豆諸島と奄美50~100ミリ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。