/

この記事は会員限定です

日本勢は花王がトップ ドコモやKDDI、JTが続く

[有料会員限定]

世界企業を対象にした「ROESG」ランキングの上位には医薬や食品など消費者向けビジネスを手掛ける企業が目立った。環境対応や供給網の管理はブランド力向上につながるため、ESG(環境・社会・企業統治)評価に敏感な企業が多いとされる。

上位30社のうちESGの評価が最も高かったのは蒸留酒大手の英ディアジオで、評価機関5社のうち4社で最高位(上位10%)の評価だった。ROEは29%と対象企業の40位程度だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン