2019年9月18日(水)

プロ野球

日本ハム急失速 歯車かみ合わず5連敗

2019/8/11 21:00
保存
共有
印刷
その他

日本ハムの歯車がかみ合わない。打線が天敵千賀から4点を先行しながら逆転された前日に続き、この日は投手陣が踏ん張るも打線にあと1本が出ない。4カード連続の負け越しで、ソフトバンクの背中が5.5ゲーム差に遠のいた。

【11日のプロ野球 結果と戦評】

ソフトバンクに敗れ、日本ハムは5連敗=共同

ソフトバンクに敗れ、日本ハムは5連敗=共同

制球難の相手先発ミランダにもらった再三の好機を生かせなかった。3四球で2死満塁とした三回は4番中田が左飛に倒れた。四回も2四球と敵失で1死満塁となりながら中島、西川が凡退。2点を追った九回は2死一、二塁から3番近藤が二ゴロで万事休した。

「勝ち切れない現実をしっかり受け止めるしかない」と栗山監督。右手の痛みによる欠場から3試合ぶりの先発復帰で4打数無安打に終わった中田は「バットは振れる。自分の技術的な問題。辛抱強く頑張りたい」と言葉少なに帰路に就いた。

7月は球宴明けの直接対決で3連勝するなど怒濤(どとう)の追い上げで、球宴前に7ゲームあったソフトバンクとの差を月末には0.5まで詰めた。ところが8月は1勝8敗と急失速。前日には復帰したばかりの王柏融が死球を受け、この日は再び欠場するなど試練が続く。

「流れが変わる節目をつくろうとはしているが簡単にはできない。小さなことを積み重ね、必死に1試合ずつやるしかない」と栗山監督。今季最大の正念場だ。

(吉野浩一郎)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトは17日、寺原隼人投手(35)と三輪正義内野手(35)が今季限りで現役を引退すると発表した。寺原は「一年でも長く野球をやりたいと思っていた私にチャンスをくれたスワローズには感謝しかない」と球 …続き (17日 12:42)

6回ロッテ無死満塁、田村が中前に勝ち越しの2点打を放つ(メットライフドーム)=共同

 ロッテ・田村には2割台半ばの打率には表れない勝負強さがある。六回、清田の同点打が飛び出したあとの無死満塁。チェンジアップに「泳がされた」といいつつ、うまくバットに乗せて中前への勝ち越し2点打とした。
…続き (16日 22:05)

8回ヤクルト無死、村上が左越えにこの試合2本目の本塁打を放つ(16日、マツダ)=共同

【ヤクルト6―4広島】ヤクルトが4本塁打を含む12安打で勝った。1―1の三回に山田哲が勝ち越し二塁打を放ち、四回に一発を打った村上が5―3の八回は35号ソロ。高橋は要所で変化球を決め、七回途中3失点で4勝目。広島は大瀬良がヤクルト戦初黒星。 …続き (16日 18:22更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。