スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

ペ・ソンウが日本で初V 渋野は13位、観客沸かす

2019/8/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

今季から日本ツアーに参戦するペ・ソンウにとって早くも2度目のプレーオフ。前回のリゾートトラスト女子では緊張しすぎて敗れたが、この日は「楽しくできた」。韓国ツアー4勝の実力者はプレーオフ勝利の経験も多く、苦手意識はない。

【関連記事】渋野、優勝に届かず 北海道meijiゴルフ

通算12アンダーで優勝したペ・ソンウ=共同

通算12アンダーで優勝したペ・ソンウ=共同

1ホール目。バーディーパットをテレサ・ルーより近くにつけた。だが、3メートルは自分の中で課題として残っていた距離という。下りのスライスも「簡単ではないライン」だ。この日は本戦で同じくらいの長さのパットがいくつかあり、決めていた。最後に失敗したら……との思いもあったが、持ち前の集中力をさらに高めて見事に沈めた。

この大会は中学生の時、テレビで初めて見た日本の試合という。自国の先輩、全美貞の優勝シーンをはっきりと覚えている。自分もそこに立てたらと夢見てきた舞台での日本ツアー初優勝だけに「言葉で言い表せない幸せを感じる」と話す。

今季、前週までに16試合に出て2位3回を含めてトップ10に6回入っている。実力をいかんなく発揮しているが、勝ちきれないでいた。「毎日こつこつとやっていればチャンスは必ずつかめる」。その信条を「真面目」と自己評価する25歳が結果で示した。

(唐沢清)

18番でバーディーを奪い笑顔の渋野=共同

18番でバーディーを奪い笑顔の渋野=共同

渋野は4番のダブルボギーを皮切りに出入りの激しいゴルフとなった。16番でボギーをたたいた時点でこの日2オーバー。前日まで国内ツアーで20ラウンド、全英女子オープンも含めると24ラウンド続けてオーバーパーがなかったが、それが途切れるピンチを迎えた。

この土壇場で17、18番と連続バーディー。パープレーにスコアを戻して見せた。「あそこで取れるのだったら、もっと初めに取れと思った」と笑わせたが、ここぞの集中力で観客を沸かせた。

全英優勝後の嵐のような1週間を振り返り「しんどい部分もあった」という。体調を崩しながらも3日間を戦い抜いて13位。奮起できたのは、3日間合計で1万6407人とこの大会では記録的な数字となったギャラリーの声援があったから。「"(優勝)おめでとう"と言ってくれて(この試合に)来てよかった」と最後まで笑顔だった。

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

2季ぶりの通算3勝目を挙げ、トロフィーを手に笑顔の穴井詩(18日、軽井沢72)=共同

 「まさか今日勝てるとは思っていなかった」。穴井の言葉は本音だろう。前日の2日目、17番パー3でまさかの池ポチャ、ダブルボギーで一気に首位戦線から8位に後退。「取り返してやろうと心は燃え上がった」とは …続き (18日 19:24)

最終日、18番で入ればプレーオフのパーパットを外した渋野日向子。通算13アンダーで3位(18日、軽井沢72)=共同

 18番ホールの5メートルのバーディーパット。全英女子のウイニングパットでも世界を驚かせた渋野の強気のパットは「打った瞬間『入らん』とわかる情けないパット」となり、2メートルオーバー。返しも入らず3パ …続き (18日 16:18)

2季ぶりの通算3勝目を挙げ、トロフィーを手に笑顔の穴井詩(18日、軽井沢72)=共同

 NEC軽井沢72最終日(18日・長野県軽井沢72=6705ヤード、パー72)31歳の穴井詩が8位から65と伸ばし、通算14アンダーの202で並んだイ・ミニョン(韓国)とのプレーオフを制した。2季ぶり …続き (18日 15:17)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]