/

この記事は会員限定です

キリン出資のファンケル、再編促した事業承継の不安

[有料会員限定]

化粧品、健康食品メーカーのファンケルキリンホールディングス(HD)から3割の出資を受け入れる。訪日消費の追い風を受けながら、特色ある商品のヒットを続けるファンケルがなぜ、大手資本に会社の将来を託すことにしたのか。創業者の池森賢二会長が長年、抱いていた「不安」が背中を押した。多くの創業経営者に共通する事業継承や後継者の問題。同じような業界再編が今後も広がりそうだ。

「単なる業務提携よりもぜひ株を持ってほしい」。キリンHDの磯崎功...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1949文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン