新生児聴覚検査、全額国費で 自民議連が提言

2019/8/12 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党の難聴対策推進議員連盟(会長・石原伸晃前経済財政・再生相)が新生児の聴覚検査を全額国費で負担するよう求める提言をまとめた。現在は保険の適用外で3000~5000円程度の費用は原則自己負担だ。生後早い段階で異常を発見できれば、その後の言葉の発達への影響が抑えられるとみる。政府に難聴を早期に把握する体制づくりを促す。

新生児聴覚検査では生後数日で小さな音を聞かせて脳波などの反応を解析する。先天…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]