/

この記事は会員限定です

波風立てるのが仕事 LINE社外取締役の流儀

ガバナンス最前線(3)

(更新) [有料会員限定]

「新たなストックオプション(新株予約権)を取り入れるのはいい。でも、この生煮えのアイデアじゃダメだ」。

2018年冬、LINEの取締役会に出沢剛社長ら執行側が出してきた新型ストックオプション導入の提案を、社外取締役の国広正(63)はあっけなく却下した。従来と異なり、全ての役職員に等しく機会を提供し、成果に応じて配分されるストックオプションだ。この時、執行側は「早くストックオプションを導入したい」という空気にあふれていた。焦るLINE執行側に待ったをかけたのが、「KY(空気読まない)社外役員」を自任する国広ら、3人の社外取締役だった。

拙速な提案、はねのける

「ライバルたちは次々と高額報酬をアピールし、技術者の獲得に走っている。我々も早く魅力的な報酬を準備しなければ」。LINEの執行部が焦ったのもムリはない。同社も優秀な若手技術者に年収1000万~2000万円を与え、ベンチャー企業としては厚遇しているが、争奪戦は国内外の有力企業が相手だ。早急に新型ストックオプションを導入することを発表し、3月末の株主総会で導入してしまいたいと、前のめりで取締役会に諮ってきた。だがKY社外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3935文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ガバナンス最前線

企業がふらつかずに前進できるよう、推進力にもブレーキにもなる組織づくりはコーポレートガバナンス(企業統治)と呼ばれる。ここ5年ほどで改革が進み、形だけでなくどう魂を入れるかの段階になってきた。最前線を走る企業や人材を追った。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン